Loading

離婚の法律・探偵コラム

アプリ・GPSを使った浮気調査は違法行為?

浮気調査の方法を間違うと違法行為

最近では、自分自身で浮気調査をする方が増えています。当探偵社にご相談でいらっしゃる方の中にも、ご自身でアプリGPSを使って浮気調査をされた経験がある方はたくさんいらっしゃいます。

やり方を間違えなければ問題はありません。しかし、間違えてしまうといくつかの問題が生じますのでご説明いたします。

仙台探偵のGPS浮気調査

違法で入手した証拠は証拠能力はなくなる

ネットで検索すると、たくさんのマニュアルやアプリが紹介されています。

浮気調査の方法としては有効な情報はたくさんありますが、中には違法な調査方法も混ざっています。

違法と知らず入手してしまった証拠では、証拠としての能力を失うだけではなく、違法行為として相手から訴えられる危険性もあります。

違法となる行為を以下のようなものです。

スマホにGPSアプリを無断でインストール、遠隔操作

スマホのロックを解除して、中身を見る事自体がプライバシーの侵害になる可能性があります。

それは、夫婦間であっても適応されますが、特段問題になることは少ないようです。

しかし、浮気調査のために無断でアプリをインストールすることは、不正指令電磁的記録供用罪にあたる可能性があります。

正当な理由がないのに、人の電子計算機(コンピュータ)における実行の用に供する目的で、刑法168条の2第1項各号に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した場合、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処される(168条の2第1項)。同項各号に掲げられた電磁的記録とは、

1.人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録
2.前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録
の2種類である。典型的には、コンピュータウイルス等のマルウェアが想定されているため、「ウイルス作成罪」ともよばれる。

正当な理由がないのに、1項1号に掲げる電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供した場合も同様とされる(168条の2第2項)。

引用元 不正指令電磁的記録に関する罪 ウィキペディア

GPS追跡アプリCerberus(ケルベロス)を無断でインストールして、GPSで位置情報の確認だけではなく、遠隔操作で音声録音や通話履歴確認、写真撮影やメール送信などを行ったことで過去に逮捕者も出ています。

遠隔操作ができるかどうかに関わらず、無断でインストールすることは避けることが大切です。また、防犯目的の「セキュリティアプリ」と嘘をつきインストールさせることも問題となるケースがあるようです。

車にGPS発信機をつけることで問題となるケース

ネットで簡単に手に入るGPSですが、車に取り付けること行為自体は違法になりません。

法律上で浮気調査にGPSを使用することは禁止されていません。利用目的が犯罪ではなく、家族の防犯目的などであれば問題はないようです。しかし、一方で認められているわけでもありません。

第三者にGPSに取り付け

第三者にGPSを取り付けることは、防犯などの目的にはなりません。この場合は、プライバシーの侵害にあたります。

たとえ、それが配偶者の不倫相手が分かっていても、そのお相手の車にGPSを取り付けることは違法行為となります。

GPSを取り付けるための不法侵入

当然自宅の駐車場やガレージでの取り付けは問題ありません。

しかしここで配偶者の会社の駐車場など、自宅以外の敷地内にGPSをつけると言う目的で足を踏み入れると、不法侵入に問われる事が出てきます。別居中の夫婦は特に注意が必要です。

また、取り付けの際に車などを傷つけると器物破損に当たる可能性もあります。

会社名義の社用車にGPSを取り付ける

この場合の車両は、会社の所有物なのでGPSを取り付けることはできません。
たとえ同居してる配偶者からの依頼でも、会社から損害賠償請求される対象となり犯罪行為となります。

友人・知人に浮気調査を依頼する

探偵のように、夫婦間での尾行や張り込みは問題になりません。

しかし、友人や知人が同じことをするとプライバシーの侵害など違法行為となる場合があります。相談者の配偶者と不倫相手が一緒にいるところを写真で撮る行為が、プライバシーの侵害にあたります。

また、尾行がばれた場合にストーカー規制法違反になりえます。

探偵に浮気調査の依頼を検討する

以上のように、自分だけで浮気調査はするのはとても大変で、友人に頼んだ結果迷惑をかけてしまうこともあります。

さらに、浮気の証拠を得ようとアプリやGPSを使って頑張った結果、違法行為に該当してしまうと証拠としての能力を失ってしまったり、最悪訴えられてしまう恐れがあります。

探偵は、探偵業法に則って調査しているため、プライバシーの侵害などの心配をする必要がありません。

また、慰謝料を請求するだけの証拠を揃えることはプロでも大変なことです。

自分で行った調査が一度バレてしまった後だと、更に難易度が上がってしまいます。

宮城県、東北での浮気調査は当探偵社にご相談ください

宮城県仙台市には当探偵社「シークレットジャパン東北本部」があります。

毎月、仙台市をはじめ宮城県を中心に相当数の浮気調査を実施しており、経験、実績ともに豊富な探偵社です。

浮気調査を考えていましたら、一度お気軽にご相談ください。

仙台探偵|浮気調査の探偵なら【シークレットジャパン東北本部】

PAGE TOP