Loading

離婚の法律・探偵コラム

口ゲンカはこらえて一晩寝かすのがおすすめ

大好きな恋人と、口ゲンカになり、ついつい言い過ぎちゃったという人もいると思います。ささいな喧嘩から破局に繋がることも少なくありません。別れることが目的でないのであれば、まずはグッと堪えて一晩寝かせることをおすすめします。それには、心理学でいう言語的隠ぺいが関わっています。

仙台探偵の言語的隠蔽

言語的隠ぺいとは?

これまで恋人と口ゲンカになったときのことを思い出してみてください。勢いに任せて、言いたいことを言ったはずなのに、後から考えると「なんで、あんなこと言ったんだろう」「ちょっと言い過ぎたかな」と首をかしげたくなることはないでしょうか?

ケンカとは、まさにネガティブ・コミュニケーションで、自分ではささいな行き違いだと思っていても、どんどんエスカレートしていけば、結局は破局へと突き進んでしまいます。

怒りや悲しみの勢いに任せて発した言葉は、本来の自分が考えている言葉ではないことがあります。

実は、自分の感情をすぐに言語化してしまうと、かえって、理解が浅くなり、心の深いところにある真の感情が分らなくなるのです。つまり、本心ではない言葉で相手を傷つけているのです。だから、ケンカになったときに勢いに任せて相手に言葉をぶつけることはおすすめしません。

これが心理学でいう「言語的隠蔽(げんごてきいんぺい)」といわれるものですで、心に浮かんだ感情や感想を、すぐに言語化してしまうと、表層的な理解に留まって、本当の理解には至らないのです。

まして、ケンカの最中でなくても、自分の感情を精緻に言語化することができないのに、興奮して見境がなくなっているときに、自分の気持ちを正確に言語化できるはずがありません。

怒りや悲しみで混乱すると、人は、全く心にもないことでも、勢いで言ってしまうものなのです。

口ゲンカはじっくり一晩寝かせよう

喧嘩になったときに言いたいこともあるでしょう。ただ、そこをグッと堪えて一晩寝かせてみましょう。

この言語的隠ぺいが起こるのは一時的です。一晩たてば、すっかり冷静になり、客観的に自己を見直すこともできるはずです。

ケンカの理由は相手のことを好きだからこその場合もあります。ケンカの時はぐっと堪えて一晩寝かすのをおすすめします。

仙台探偵|浮気調査の探偵なら【シークレットジャパン東北本部】

PAGE TOP