仙台・いじめ調査

仙台市のいじめ調査は総合探偵社シークレットジャパン東北本部

近年では、小学生のお子様でも携帯を持つなど時代が変わってきています。それに伴いSNS上でのトラブルやいじめの問題も存在しています。

お子様が心配で学校に相談しても、学校内の表面的な問題しか分からない可能性もあります。

また、最悪のケースとして、学校側が隠蔽や見て見ぬふりをしているかもしれません。

「学校に相談しているから大丈夫」「子供はいじめられていないと報告を受けた」と言われる方がいますが、時代も変わり、その考え自体が危険なものになってしまっているのかもしれません。

さらに、いじめられている子供の多くは、いじめの事実を隠し、親には言わないことが一般的と言われています。

いじめをきっかけに、自殺・家出・非行などの道に進む子供も増えています。お子さまを救うことができるのは、家族である親しかいません。

宮城県、仙台市のいじめ認知、不登校の状況は?

文部科学省の公表によると、2018年度児童生徒問題行動・不登校調査で、東北地方では宮城県の1000人当たりの不登校児童生徒数が3年連続で全国最多となったようです。詳しくは下記リンクをご参照ください。

探偵によるいじめ調査とは?

シークレットジャパンのいじめ調査の目的は、「いじめの実態や実態を確認し、いじめがあった場合には証拠を集めて、いじめを終わらせること」です。

具体的には、先ずは登下校中や放課後など、先生の目が届きにくい場所でいじめられていないか調査をします。

さらに、いじめの事実が存在した場合は、いじめの証拠を集めるための調査をします。主な調査方法は以下のようなものです。

尾行調査

学校との登下校など、お子様を尾行して、誰かにいじめや嫌がらせをされないか観察し、そこでいじめ等があれば証拠として録画しています。

また、いじめていた加害者を特定するために尾行して、「名前」と「住所」などを突き止めます。

張り込み調査

いじめが行われる現場に見当がついている場合は、張り込み調査を行い、尾行調査に加えてさらに詳細な証拠を撮影します。

宮城県仙台市の「いじめ問題」の証拠収集は当探偵社まで

いじめ問題を解決するためには、いじめがあるのか実態や事実を把握することが一番です。その上で、証拠を集めることが不可決となっています。

証拠があってこそ、いじめを辞めさせるための話し合いや、場合によっては訴訟など法的手段を講じることができます。

いじめを辞めさせたとしても、お子様の心にはおそらく傷は残ってしまいます。しかし、早めに対策をとることで傷を浅くすることはできると思います。

大切なお子様を守るためには、いじめがないか確認するだけでも調査をする意義はあると考えています。

後悔をしてしまわないように、何か気になることがございましたら、当探偵社「シークレットジャパン東北本部」までお気軽にご相談ください。

仙台探偵-宮城県仙台市の探偵・浮気調査|シークレットジャパン東北本部