Loading

ブログ

浮気と不倫の違い・不貞行為とは?

仙台探偵の浮気と不倫調査の違いとは?

不倫や浮気の基準・不貞行為とは

一口に不倫・浮気と言っても、その定義は人ぞれぞれの価値観によって異なると思います。

浮気や不倫をしていたことを相手に認めさせ、その上で法的な追及をする為にはきちんとした証拠をとることが必要となります。

法律では「本人の意思で配偶者以外の異性と性交渉を行うこと」を不貞行為と定めており、ここでは不貞行為の伴う浮気を不倫と呼ぶことにします。

不倫は不法行為ですので、離婚原因としても認められ、配偶者と不倫相手の両者に慰謝料を請求することができます。

意外かもしれませんが、デートやキスだけでは不貞行為とはいえず、慰謝料請求はできません。

悔しいですが性交渉を伴わないと不貞行為と証明できないのです。そのために探偵による浮気・不倫調査が行われています。

しかし、浮気が原因で夫婦関係が破綻してしまった場合には、「婚姻関係を継続し難い重大な事由」に該当するとして、離婚が認められる可能性はあるようです。

ただし不貞行為があったからといって、即座に離婚・慰謝料が認められるとは限らないため注意が必要です。

また、別居期間が相当に長いなど、すでに夫婦関係が破綻していた場合には、不倫による慰謝料請求が認められないケースもあるようです。

そのため、浮気調査を検討しているなら、別居をしない方が無難なようです。

不倫・不貞の証拠とは

浮気・不倫をやめさせるだけであれば、二人のメールやLINEのやりとり、デート現場の写真だけでも十分かと思います。

離婚や慰謝料を請求するとなると、繰り返しになりますが、不貞行為があったことを示す証拠が必要となります。

一般的な不倫の証拠となるものは以下のとおりです。

  • 二人でラブホテル・ビジネスホテルに出入りする写真・動画
  • 二人のメール、SNSで肉体関係を前提とする内容のやりとり
  • 本人が不倫を認めた旨の書面・録音

キスやデートの写真、SNS上やり取りだけでは不貞行為の証拠になりませんが、不貞の証拠を補強する材料にはなるため、全て保存しておくことも大事です。

また、調停や裁判で、慰謝料の金額を増やす(減額されない)ようにするためには、継続的な肉体関係があったことを証明することも必要となってきます。

不貞の証拠の利用手段と解決方法

不貞の証拠というのは、実は撮ることよりも、撮ってからどのように活用するのかが大切です。

その為にも自分の気持ちを整理した上で、どのような結果が得たいのかが重要になってきます。

せっかく裁判でも有効な証拠が撮れたとしても、使い方を間違えてしまうと撮った意味が無くなってしまいます。

①離婚せず、夫婦関係の修復を目指す為に使用する

一刻も早く、浮気相手との関係を切ってやり直したいという方がとるべき方法です。不貞の証拠を、離婚をしない為の保険として利用していきます。

不貞の証拠があれば、配偶者から離婚を求められたとしても拒否することが可能となります。

また、浮気相手に対して慰謝料請求すると共に、2度と会わないよう誓約させることが出来るので夫婦関係を修復するきっかけを作ることが出来ます。

証拠を撮ったあと、不倫相手に対して慰謝料請求して関係を終わらせて、再度夫婦関係の修復を目指します。

②すぐには切り出さず、いざという時の切り札にとっておく

まだ離婚かやり直しを決めていないという方や、子供の受験などの状況を見てから決めたいという場合にとる方法です。

今後生活していく中で、万が一離婚を切り出された場合にも大丈夫なように、お守りとしてとっておきます。すぐには使用せず、いざという時のためにとっておくのです。

可能性は低いですが、不倫相手と自然に関係を解消して戻ってくることも想定されるので、あまり現時点では波風を立てず様子見するという方針です。

もしくは、すぐには離婚を考えてはいないもののいずれ考えており、しっかりと準備していく上で念のために持っておき、自分の目的を達成していく為に何もせずに持っておくという方もいらっしゃいます。

「子供が20歳になるまでは我慢する」などの理由も多いです。なお、不貞行為の慰謝料請求の時効は不貞の事実を知ってから3年以内である点には注意が必要です。

③有利な離婚をする為の証拠資料として使用する

離婚を決めており、少しでも自分が有利な立場として離婚する場合や、すぐにでも離婚したいという方がとる方法です。

離婚する場合には、主に問題になる点については4つ(慰謝料・財産分与・親権・養育費)あります。

当然ながら、離婚協議する場合において不貞行為を理由として話し合いを進めることになりますので、4つのポイントについては出来るだけ有利に協議していくことになります。

ただし、親権や養育費については子供がいることが前提になりますし、親権・養育費についても不貞のある無しに関わらず子供にとって良いかどうかが判断基準となってきますので、一般的には不貞の有無は関係してきません。

不倫の裁判資料収集は当探偵社シークレットジャパン

以上のように、その証拠をどのように使用するかにより、結果は大きく異なってきます。証拠は武器や保険となるため正しい使い方を理解し、自分が求める結果に向かえるように適切に使用することが大切になってきます。

宮城県仙台市に拠点を構える当探偵社「シークレットジャパン東北本部」では、裁判で使える証拠が揃うまでの定額料金制の調査プランがあります。

浮気の事実を確認するだけなら、ご自分で浮気調査をすることで十分な場合もあるかもしれません。もし、ここまでご説明させていただいたように「不貞の証拠」を武器や保険としての使い方をお考えでしたら、一度お気軽にご相談ください。

仙台探偵|浮気調査の探偵なら【シークレットジャパン東北本部】

関連記事

  1. 仙台探偵の浮気調査費用請求 浮気調査の費用は不倫相手に請求できる?
  2. パパ活は不倫 パパ活は不倫の慰謝料請求はできる?
  3. 仙台探偵の慰謝料請求の期限 離婚慰謝料の時効
  4. 仙台探偵と復讐屋 浮気相手への社会的制裁と復讐
  5. 仙台探偵の浮気調査と不倫慰謝料 不倫慰謝料の請求方法
  6. 仙台探偵の浮気調査と対処 慰謝料や養育費が未払いになった場合の対処法
  7. 仙台探偵の示談交渉 不倫・浮気相手との示談交渉
  8. 未成年への慰謝料請求と仙台探偵 未成年者への不倫慰謝料請求
PAGE TOP